忍者ブログ
http://01000.blog.shinobi.jp/
ネタバレ*捏造設定*擬人*BL表現*同人表現注意 /熱しやすく冷めやすい移り気絵置き場倉庫
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  


無色の派閥がギアンの生存を知り、報復を試みてきた。
捨て駒のように己の組織を使われ、あげく裏切られた者の当然の行動だ。

「だーもうしつこーい!」

鋭い音を立て空気を切る音が戦場に響く。
双界の戦姫たるフェアに敵う者がいるわけもなく、
ギアンの戦闘範囲に届く前に敵はばったばったと倒れていった。
レンドラーですらフェアと相対して勝つ自信はないといったくらいだ。
よほどの敵でなければ、フェアは二合も打ち合わずに昏倒させられる。
しかし数も数だ。自分も手伝おうとギアンが動くと

「ギアン!あんた狙われてるんだから出てくるんじゃないの!」

と逆におこられてしまった。
こまった。フェアに怒られるのは本当に困るのだ。
かといって…

「いーかげんにしなさあああああい!」

怒髪天を突くかのようなフェアの叫び声。
火を噴くようにフェアの体から燐光がほとばしる。
古妖精の祝福が戦乙女に降り注ぎ、より一層力強く剣が振るわれる。
片手に剣、片手に槍を。
二本を振るい戦場を駆けていくフェアの背をじっと見つめる。

エニシア。
同じ響界種であったあの小さな少女。
彼女とともにあったとき、自分は姫を高い塔に捕らえて逃がさない魔獣だった。
フェア。
同じ響界種であり、それ以上でもあるこの少女。
彼女とともにあるとき、自分はどんな役目を担うのか。

「フェア」

「なによ!」

「君が戦姫でよかった。」

戦乙女の傍らには、彼女の脚たる馬が不可欠だ。

「なあに!聞こえないーーー!」

剣戟に阻まれ、声が届かない。

「いいよ、聞いたらきっとまた怒るから。」

君に怒られるのは、怖いから嫌なんだ。
くすりと小さく笑うと、
ギアンはフェアの背を追い戦場を走り出した。




二人の覚醒戦闘シーンは萌えです。
あればよかったのになー。
PR
  
忍者ブログ  [PR]
" " WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
2017
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
09月
11月